<< 奇跡の入手! | main | サンパウロ州立響ベト全最新盤他 >>
2006.07.26 Wednesday

トリゴナーレ古楽祭2005

0
    ORF SHOPからCDが届く。
    ORFレーベルはその殆どがjpcでオーダー可能なのですが、下のトリゴナーレ古楽祭2005がORFのサイトで2枚組セットとして出ていたので、こちらで購入することにしました。
    価格は圧倒的にjpcの方が安いんだがなぁと思っていたのですが、納品書を見てみるとサイトの価格はVAT込みで、購入時にはちゃんと除外されていました。送料は僅か€1.82、書留便で1週間かからずに届きました。


    TRIGONALE 2005 CD449/450 (1SACD+CD)
    以前に山崎浩太郎さんの可変日記の中で書かれていて、ちょっと興味を持っていたトリゴナーレ古楽祭のライヴCDの最新盤がリリースされました。
    サヴァールとHESPÈRION XXIによるダウランドの《ラクリメ》、ヒロ・クロサキによるJ.S.バッハの無伴奏パルティータ2番など、魅力的な演目。ちなみにヒロ・クロサキのディスクの方がSACDハイブリッド仕様となっています。
    【08/07】何を寝ぼけていたのか、ク「ロ」サキをク「ニ」サキと書いていました…誰だよクニサキって…お恥ずかしい…


    J.S.Bach: Die Kunst der Fuge CD 443 (2CDs)
    Walter Riemerがフォルテピアノで演奏した《フーガの技法》。この作品にはとても惹かれるものがあるのですが、チェンバロでもピアノでもどこかしっくりこないものを感じていました。試聴をしてこれだ!と。
    楽器の制約もあって、けっして流麗な演奏というわけではないのですが、音色と響きの美しさに心が洗われるようです。
    CD1はCD-Extra仕様となっており、Riemerによるアナリーゼ、使用楽器と調律、録音機材等の説明がPDFファイルで格納されています。
    楽器はAndreas Stein,Augsburg 1773をベースとした米Zuckermann社のキットを自ら組み立て、ケルナー音律で調律しているとのこと(試聴でも平均律でないことはすぐわかると思います)。
    未完フーガの後にはコラール《汝の玉座の前に今歩み寄り》が収録されています。

     
    Mendelssohn: Ein Sommernachtstraum ORF-V-CD 010
    Prokofieff: Peter und der Wolf / R.Korsakoff: Scheherazade CD 123

    Christoph Eberle指揮フォラールベルク響(Symphonieorchester Vorarlberg)によるライヴCD。《ペーターと狼》は当然のことならが《夏の夜の夢》も語り付きです。ドイツ語なので、客席から笑いやどよめきが起きている箇所で一体どんな話をしているのかわからないのが残念。
    いずれも同曲異盤が山ほどある作品だけに、強力にお薦めするポイントこそありませんが、誇張のない手堅い表現に好感を持ちました。
    2017.08.14 Monday

    スポンサーサイト

    0
      Search this site.
      Selected Entries
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      Archives
      Twitter
      Recommend
      RECOMMEND
      Mikko Heiniö:
      Violin Concerto "Alla madre"
      Sinfonia Nro 2
      Nikkanen(vn); Sakari; Turku Philharmonic Orchestra
      芬SONY 88697 630212
      Blog Roll
      Categories
      Links
      Profile
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM